雪梅

立春の東京は梅もほころぶ陽気でした。

この荒川豊蔵の茶碗を眺めていると昔習った方岳の漢詩を思い出します。

梅有り雪無ければ 精神ならず
雪有り詩無ければ 人を俗了す
薄暮詩成って 天又雪ふる
梅と併せ作す 十分の春
方岳『雪梅』

分厚くかかった釉は、まるで積もった雪のよう。
雪が梅の枝に舞い落ちる、そんな情景を浮かばせる作品です。

春が待ち遠しい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です